カテゴリー: Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

光と影とモノクロと。

中崎町のカフェにあったオブジェ。

丁度、写真の右側にあった窓から光が差し込んできて良い雰囲気に。。。

もっと「光を意識して」写真を撮るようにしていきたいな!

カメラ:Hasselblad 500C/M

レンズ:Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

フィルム:FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

中崎町で出会ったヌコ様。ハッセル編。

こちらの記事こちらの記事で撮らせってもらったヌコ様に再び遭遇しました。

お家に入れなくてションボリ中のヌコ様を「バフォ!」」っと撮らせてもらいましたよっと!

なんとも、上品で気位の高そうなヌコ様ですな〜〜〜。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8 + FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

空気感を極めたい!

中崎町のハッセル撮影はまだまだ続きます。

モノクロフィルムでのスナップ。。。

この空気感。

多分、僕が求めていたのはこの「空気感」なんだよな・・・。

と感じながらも、

 

「もっと空気感を極めたい!」

 

と思う今日このごろなのです。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8 + FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

中崎町とハッセルとモノクロと。

ハッセル復活初日の撮影場所は、いつもの大阪梅田の中崎町。。。

はっきり言うと、

「中崎町はハッセルの似合う街」

「中崎町はモノクロの似合う街」

と個人的には激しく思うわけでして。。。

 

どこを切り撮っても良い絵になりまする。

 

それにしてもモノクロ、カッコ良いなぁ〜〜〜(*´ω`*)

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8 + FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

帰ってきたハッセル君!そしてモノクロへ・・・!

愛機のハッセル君が修理から帰ってきました〜〜〜!!

カメラの大林さん本当にありがとうございました!!

修理箇所だけではなく、色々な所もチェックして頂いたらしく感激っす!!

 

というわけで、早速ハッセル君を抱えて撮影に。。。

この日はカラーとモノクロ、両方のフィルムを使ったのですが、先にモノクロフィルムの現像が上がってきましたので、モノクロフィルムでのファーストショットがこちら。

 

なんだ!?この立体感は!?!?

 

とスキャン後に思わず叫んでしまった、そんな完全に自己満足な一枚。

これまでデジタルでは得られなかった質感に驚いております。。。

 

これを機会に完全にハッセルでのモノクロにハマってしまいそうです!

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8 + FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

ハッセル君、入院中。

買って早々なのですが、ハッセル君が入院してしまいました(;・∀・)

入院理由としては

・遮光板を外した状態でもフィルムマガジンが外せてしまう。

という症状。。。

 

原因としてはいくつか考えられるようですが、

1,フィルムマガジンの不具合。

2,ボディのフィルムマガジンとの接点の不具合。

が主な原因のようでして、現在、総合メンテナンスも含めて入院中です。。。

 

寛大な対応をして頂いた「カメラの大林」さん、本当にいつもありがとうございますm(__)m

 

ということで、しばらくはハッセル君はお預け状態です。。。

ブログの写真はしばらくはデジタルに戻る感じになりますww

↑入院に出す前に撮った写真w

この後、入院されていきました。。。

こんなものもハッセルブラッドで撮りますw

とあるカフェの電球・・・。

 

ハッセルブラッドで「バフォ!」っと撮ってしまいましたw

 

普段使いのハセラーにはよくあること??

でも、ガラスの汚れとかもハッキリと写っていますよ〜〜ww

 

まぁ、こんなモノもこれからは「バフォ!」と撮っていきますよ〜〜〜☆

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

普段使いのハッセルブラッド。

「普段使いのハッセルブラッド」

 

というのが、僕がこれからしていきたいハッセルブラッドの使い方。

 

今でこそ、中古でお求めやすい価格のハッセルブラッド(とは言っても高いけどw)。

昔は超高級品だったようで。。。

 

あんまり、気負わずに普通の街並みを「バフォ!」っと撮っていきたいなぁと。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

道頓堀で「バフォ!」

ハッセルブラッドを持って、大阪ミナミ道頓堀へ。。。

ここはただ歩くだけで、良い被写体に巡り合えるのでオススメw

 

道頓堀を行く遊覧船を「バフォ!」

 

解像度が凄まじいです。。。デジカメにはない解像度。。。

ブログ用にかなり圧縮したこの写真でも、ハッキリとわかる細かな写り!!

 

今は「現像→スキャン」だけなので、プリントはしていません。

でも、こんなのを見てしまうと大きな用紙にプリントして見てみたくなってしまいますね〜〜〜☆

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

ハッセルブラッドのボケ味は美しい!

ハッセルブラッド初フィルムからの写真が続きます〜〜〜w

確かこの写真は「絞り8」くらいで撮影した写真です。。。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

 

「ってか、すんごいボケ味!!」

 

PENTAXでの「絞り8」ではこんなにボケません・・・(感覚的には絞り2.8〜4くらい)。

 

「中判カメラのボケは凄まじい!!」

 

というのは本当だったのですね・・・。フィルムが大きい分、被写界深度も浅くなって、結果として「よくボケる」。

ということみたいです・・・。

 

それにしてもボケ味だけではなくて、ピントのあった部分のこのスッキリとした切れ味。。。

カール・ツァイスのレンズ、そして、ハッセルブラッド恐るべしです!!

ハッセルで初撮り!!

なんというか、、、

そりゃあ、もう、、、

必死でした。。。

 

ハッセルでの初撮り。フィルムを装填しての一枚目。。。

 

構図?そんなの深く考えている余裕はなかったです。。。

だって、考えることが多すぎるからw

 

・「フィルムは巻き上げられてるか?」←初フィルムは「カメラの大林さん」で装填しましたw

・「露出はあっているのか?」←ちなみに露出は持っていたGRであわせておりますw

・「ピントはあっている??」←もちろんマニュアルフォーカスですw

・「水平は撮れている??」←ハッセルのファインダーは左右逆に見えるので水平を取るのが難しい。

・「ってか、そもそも本当に撮れるの??」←基本、自分に自信がないwww

 

っと、そんなことをグルグルと考えながらも最後は、

 

「エイッ!!」

 

と叫んでシャッターを切る。。。

 

「バフォ!!」(ハッセルブラッドのシャッター音はこんな音w)

 

で、撮れたファーストショットが↓。

Hasselblad 500C/M + Planar CF80mm F2.8

 

まぁ、、、普通ですわな。。。(;・∀・)

でも、現像が上がってきて、ちゃんと撮れていて良かったよ。。。

本当。。。

 

たとえ、この一枚がつまらなくても、この一枚からはじまる!!!

 

ハッセルブラッドでこれからもガンバリます!!

ついにGET!!ハッセルブラッド500C/M

つ、ついにGETしましたよ〜〜〜!!

「Hasselblad(ハッセルブラッド)500C/M」

レンズは

「Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8」

です!!

 

【ボディについて】

ボディの「500C/M」は1970年〜1989年の実に「19年間」もの間、製造され続けたロングセラー。

ハッセルブラッドの王道にしてスタンダードな機種です。

 

【レンズについて】

レンズはハッセルブラッドでの標準レンズ「Planar(プラナー) CF80mm F2.8」。

「80mm」とありますが、これはあくまで「中判カメラ」での話し。

35mmに換算すると「約50mm」といういわゆる「標準レンズ画角」となります。

ハッセルブラッドの80mmレンズは製造年によって、様々な仕様があるらしいですが、まだまだ勉強中なので、この話しはまたの機会にしておきます。。。

 

ところで、今回、僕がGETしたこのレンズとボディは「1985年製」らしいです。

フィルムマガジンは少し年代が古くて「1979年製」。

なかなかの歴史を持つカメラですね。。。

 

今後はこいつをメインにしてガンガン撮っていきたいと思います!!

ハッセルハッセル!!

 

〜追記〜

ちなみに今回のカメラはいつもお世話になっている「カメラの大林」さんで購入させてもらいました。

担当のM地さん、いつも本当にありがとうございますm(__)m

Photo of UTOPIAとは

写真、それは「瞬間芸術」
写真、それは「アドリブ」
写真、それは「ユートピア」

そんな写真を日々綴るブログです。

プロフィール

Photographer:はっせる

大阪府在住。

カテゴリー

当サイトの写真について

当サイト、ブログ内で紹介する写真の著作権はPhoto of UTOPIAが所有しています。
デスクトップ壁紙としての利用など、個人的範囲内での使用については原則自由としていますが、無断での商用利用、画像の改変、及び他のウェブサイト、ブログ、動画サイトへの転載はお断りします。