カテゴリー: FUJICOLOR PRO400

こんなものもハッセルブラッドで撮りますw

とあるカフェの電球・・・。

 

ハッセルブラッドで「バフォ!」っと撮ってしまいましたw

 

普段使いのハセラーにはよくあること??

でも、ガラスの汚れとかもハッキリと写っていますよ〜〜ww

 

まぁ、こんなモノもこれからは「バフォ!」と撮っていきますよ〜〜〜☆

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

普段使いのハッセルブラッド。

「普段使いのハッセルブラッド」

 

というのが、僕がこれからしていきたいハッセルブラッドの使い方。

 

今でこそ、中古でお求めやすい価格のハッセルブラッド(とは言っても高いけどw)。

昔は超高級品だったようで。。。

 

あんまり、気負わずに普通の街並みを「バフォ!」っと撮っていきたいなぁと。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

道頓堀で「バフォ!」

ハッセルブラッドを持って、大阪ミナミ道頓堀へ。。。

ここはただ歩くだけで、良い被写体に巡り合えるのでオススメw

 

道頓堀を行く遊覧船を「バフォ!」

 

解像度が凄まじいです。。。デジカメにはない解像度。。。

ブログ用にかなり圧縮したこの写真でも、ハッキリとわかる細かな写り!!

 

今は「現像→スキャン」だけなので、プリントはしていません。

でも、こんなのを見てしまうと大きな用紙にプリントして見てみたくなってしまいますね〜〜〜☆

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

ハッセルブラッドのボケ味は美しい!

ハッセルブラッド初フィルムからの写真が続きます〜〜〜w

確かこの写真は「絞り8」くらいで撮影した写真です。。。

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8

 

「ってか、すんごいボケ味!!」

 

PENTAXでの「絞り8」ではこんなにボケません・・・(感覚的には絞り2.8〜4くらい)。

 

「中判カメラのボケは凄まじい!!」

 

というのは本当だったのですね・・・。フィルムが大きい分、被写界深度も浅くなって、結果として「よくボケる」。

ということみたいです・・・。

 

それにしてもボケ味だけではなくて、ピントのあった部分のこのスッキリとした切れ味。。。

カール・ツァイスのレンズ、そして、ハッセルブラッド恐るべしです!!

The UTOPIAとは

はっせると申します。

ちょっと前まで写真を撮ってました。

最近はギターのコードを研究をしています。

アーカイブ