アーカイブ: 2016年2月

【雑談】SONY→Nikonへの鞍替えの可能性!?

今日は久しぶりに時間が出来たので、いつもの武器屋(カメラ屋)まで。

何気に今年に入ってからはじめての訪問。

カメラ屋のマスターに近況報告と、これからの武器の相談に。

 

現在、メインで使っているSONYのα7Sは、今年の9月で丸2年。

このままのペースでいくと9月にはシャッター回数が10万回を超えることは確実。シャッター回数10万回が、このカメラの寿命とも言われているので、それを見越しての相談に。(武器がないと戦えませんw)

 

いやね、SONYに不満はないのですよ。

出てくる絵や色は好きですし。

 

でも、今のカメラにちょっとした不満もあるわけでして、、、

  • もう少し画素数が欲しい(α7Sを選んでいる時点で、、、ってこともありますがw)
  • モノブロックが使いたい
  • 見やすいファインダーにしたい
  • 持ってって疲れにくいバランスの良いボディにしたい

というのが主な内容。

あとやっぱり、

 

「サポートがしっかりしていて、長く使えるボディ」

 

が欲しいのですよね。最低でも5年くらいは使える安定したボディが欲しいのです。

 

そんなことを相談していると、やっぱり選択肢としてCanon、Nikonしか選択肢がなくなってくるわけでして。。。

レンズも、24-70mmf2.8とか、ツァイス(コシナ)のマクロプラナー100mmとかも使えてしまうわけでして。。。

 

マスターとの相談で、Nikonに鞍替えという可能性も出てきました。ボディはD810辺りが良いかな、、、と。

 

まだもう少し先のことですが、今年の秋には装備が大きく変わるかも??な〜〜〜んてお話しでしたっと。

今後の撮影方針について、ゴニョゴニョと。

結論から言いますと、

 

もっとワガママに撮っていきます。

 

まぁ、これまでも好き勝手に撮影してきましたが、更にワガママになりたいと思います。

 

今後の活動は、

・「白昼夢解放軍」でのコスプレ撮影→メインの作品作り。

・「アクセサリー撮影」(ブツ撮り)→Ark silver accessoriesさんのお手伝い。

の2つを活動の中心にします。

 

 

今後、「依頼された撮影」に関しては、かなり限定するか、もしくはお断りするケースも増えてくると思いますので、その点はどうぞご容赦ください。(どんな基準でお受けするか、お断りするかについてはまだ決め兼ねております。詳細は改めて、、、ということで)

 

とは言いつつも、僕から撮影を依頼することもあるかと思います。その際はご検討の上、気軽にお返事頂ければ幸いです。

 

 

限られた時間の中で、有意義な活動をしていくために、今後は活動の幅を「狭く」していきます。

 

「ニッチだけど、面白い写真」

 

を撮っていけるように、今後も頑張っていきます!

構図、ポーズ指定に困ったとき、、、どうする?

DSC09505

(写真データ:焦点距離90mm、1/125秒、f13、ISO400)

 

構図に迷ったとき、ポーズの指定に迷ったとき。

ポートレート撮影の時は、少なからずこういう時があります。

 

そんな時はどうするのか?

 

「そうだ。〇〇の真似をしよう!」

 

真似、、、いや、ココでは「インスピレーション」と呼ぶことにします。

その方がカッコ良いから(笑)。

 

今日の1枚も、そんな「〇〇の広告写真」にインスピレーションを頂いた1枚。

何の写真にインスピレーションを得たかを分かった方は、こっそりとコメントくださいw

 

 

モデル@黒機ひつすけ

アクセサリー &衣装@Ark silver accessories

【撮影解説】逆光の活用方法をちょっと発見した。

DSC01225

(写真データ:焦点距離50mm、1/250秒、f2.2、ISO100)

 

今日の1枚。

カメラマン大好き、夕暮れの写真です。

夕暮れと言えば「逆光」というくらい、カメラマンにとっては逆光は使いたくなるもの。

 

ただ、普通に逆光を使うと

「背景が白くて、顔が暗くなる。」

となかなかに難しいモノなんですよね。

レフ板などを持っていれば話しは変わりますが。

 

【ここから写真の解説】

まず、写真の向かって左側に太陽があります。髪の毛に光が当たっている感じです。

この時点でもはや逆光ではないのですが、左側から強い光が当たっています。

 

本来なら右側は影になって顔が暗くなるはずなのですが、何故明るくなっているかというと、

「向かって右側に大きな白い工事中のパネル」

があったのです。

これ、つまり「大きなレフ板が右側にある」ということなんです。

 

街の中にはレフ板代わりに使えるモノは多数ありそうです。

「光を読む」ことが出来れば、次は「光の反射を読む」と良い写真が撮れるような気がします。

 

レフ板やストロボに頼らなくても、色々と光を使った遊びが出来そうですよね!!

 

 

【オマケ:もろ逆光を使った1枚】

DSC01211

まぁ、結構ベタベタな1枚。

逆光に向かってパシャリ。フレア出てこれはこれでよいかなと。

 

 

モデル@黒機ひつじ

The UTOPIAとは

はっせると申します。

ちょっと前まで写真を撮ってました。

最近はギターのコードを研究をしています。

アーカイブ