アーカイブ: 2016年3月

外でのポートレート撮影は85mmレンズを使いたい。

DSC01549

3月も終わりですね。

桜の季節が終われば、暖かくなって外でのポートレート撮影が楽しくなってくる時期。

良い時期は外でバンバン撮っていきたいですね〜。

 

ちなみに、外でのポートレート撮影は85mmのレンズを使うのが大好きです。

 

モデル@ステラさん

フィルムで「ノイズ」を味わう。

img212

img214

img217

久しぶりにHasselbladで撮影。

夕方の逆光たっぷりの時間を狙って撮ってきました。

カラーネガフィルムから出てくる、独特のザラザラしたノイズ。

デジタルスキャンしても、フィルムはフィルムの味わいがありますね。

 

味わい深いノイズと、色褪せた質感。

 

Hasselbladとフィルムとの付き合いはまだまだ続きそうです。

 

モデル@黒機ひつすけ

 

【写真スペック】
カメラ:Hasselblad 500C/M
レンズ:Carl Zeiss Planar CF80mm F2.8
フィルム:FUJICOLOR PRO400H

【コスプレ写真:リリ(鉄拳)】とろけそうな仕上がりになりました。

DSC06238

甘く、とろけそうな仕上がり。

先日の撮影では、友人のカメラマンであるパピーさんにレフ板でのサポートをお願いして撮影してきました。

画面の向かって右側から自然光、左側からレフ板を当ててもらってます。

いや〜〜〜、自然光のみのこの柔らかな光、、、良いですね。

 

レフ板はもっと活用するべきだと思い知った次第です。

パピーさん、サポートありがとうございましたm(_ _)m

 

ちなみに今回のレイヤーさんの牡丹さん、何回も撮影はご一緒しているのに、このブログでは初登場。

今後はもっとブログにアップさせてもらいますね!(過去のも含めて)

また、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

リリ(鉄拳)@牡丹さん

レフ板サポート@パピーさん

レンズの絞りは、絞り込むのも良し。

DSC08661-Edit01

(写真データ:焦点距離50mm、1/125秒、f10、ISO400)

 

最近、スタジオでの撮影は「絞りを絞って」の写真が好きです。

ピリッと、スキっとするような感じなので。

 

F2.8くらいのまろやかな写真も良いですが、シャープに見せたかったり、造形の凄いレイヤーさんの場合は絞り込んでいきたいです。

 

僕の使っている、プラナー50mmなど高品質なレンズはどの絞り値でも良い表現をしてくれるので安心して使っていけます。

 

絞り込んだ絵作りも今後課題にしていきたいですね。

 

クジンシー@かのんさん

「息抜きができる写真」って良いよね。

DSC04065

TwitterとかInstagramとかSNSに流れてくる写真を見ていて思うのです。

「最近のポートレート写真とか、コスプレ写真って、何か無駄に派手だなぁ。」

って。

 

少しでも目を引くための「過剰な加工」「無駄なHDR仕上げ」「意味のない多灯ライティング」などなど。

僕も派手でコントラスト高めの写真は好きですし、ストロボも好きです。

人のことは言えないくらい色々な写真を撮ってきました。これからも色々と撮り続けるでしょう。

 

ただ、ちょっと息抜きができる写真も良いですよね。

「間があって」「隙間があって」「なんだかゆるい」

 

ポートレートもコスプレも、いずれはブツ撮りも、ちょっと息が抜けるような写真を撮れるようにしていきたいものですね。

 

モデル@黒機ひつすけ

Photo of UTOPIAとは

写真、それは「瞬間芸術」
写真、それは「アドリブ」
写真、それは「ユートピア」

そんな写真を日々綴るブログです。

プロフィール

Photographer:はっせる

大阪府在住。

カテゴリー

当サイトの写真について

当サイト、ブログ内で紹介する写真の著作権はPhoto of UTOPIAが所有しています。
デスクトップ壁紙としての利用など、個人的範囲内での使用については原則自由としていますが、無断での商用利用、画像の改変、及び他のウェブサイト、ブログ、動画サイトへの転載はお断りします。