「SMC TAKUMAR 150mm F4」で初撮り!!

というわけで、前回の続きにはなりますが「SMC TAKUMAR 150mm F4」で撮ってきました!

果たして、オールドレンズの写りとはいかがなモノか!!40年前のレンズは現代にも通用するのか??

では、どうぞ!!

 

↑前ボケをいれつつ、ユルフワな一枚。

う〜〜〜ん、とろける感じは出ていますが、写り的には結構、最近のレンズみたいにシャープな感じ。。。

 

↑バラ、ど〜〜〜ん!!前ボケのバラを入れすぎた!ww

ってか、かなりキツい感じの写りですよね。。。

 

↑ちょっとハイキーな感じで。前ボケはお花を利用しております。

ちょっとだけ、フィルムっぽい写り??でも、やっぱりシャープです。。。

 

↑定番な構図での一枚。

ボケは嫌味がなくて、スッキリしております。そして、ピンが合っている所は極めてシャープです。

 

というわけで、「SMC TAKUMAR 150mm F4」の初撮りでした。

せっかくですので、このレンズの主観をまとめておきます。

 

【結論】

・40年前のレンズにしては極めてシャープ。

・色は結構、コッテリ系。

・ボケは後味スッキリ系。

 

こんな感じでしょうか。おそらく、現代のレンズと並べて見ても違和感が感じないくらいシャープなレンズかと。

おそるべし、タクマー!!!さすが、名レンズ!!

 

今後も、このレンズでもう少し色々と撮っていきたいと思います!

The UTOPIAとは

はっせると申します。

ちょっと前まで写真を撮ってました。

最近はギターのコードを研究をしています。