コード1発のウォーキングベース「Gm7編」

コード1発のウォーキングベース&コンピングについて考えてみました。
今回は「Gm7」一発。
転回形を使ってウネウネと。

 

まずはベーシックパターン。
コードトーンに沿って上がっていきます(F#は経過音)。

 

<6弦パターン>

 

<5弦パターン>

コードは4声でも良いのですが、フィンガリングがややこしいところもあるので、今回は3声でやっています。

 

今回の最後は複合パターン。
上がって、下りてきます。

<複合パターン>

 

まぁ、もう少し良いパターンもありそうですが、今回はこれで。

今回は「m7」のコードですが、少なくとも「M7」と「7th」コードで同じことが出来るようにならないとダメですね。

 

The UTOPIAとは

はっせると申します。

ちょっと前まで写真を撮ってました。

最近はギターのコードを研究をしています。