タグ: 麻理

【コスプレカメラマン必見!】知らないキャラを撮るための3つのポイント

DSC09409

DSC09454

DSC09478

DSC09574

ミント・アドネード(テイルズオブファンタジア)@麻理

 

7月ですね。

でも、6月初旬に撮影した写真をアップします。

 

麻理さんと撮影してきました。

 

この日はTwitterなどで前々からお知り合いだった麻理さんとの初顔合わせ&初撮影。

コスプレ撮影をしていると「初対面&初撮影」というのは特別珍しいことではないです。

が、今回はそれに加えて、

「僕が全く知らないキャラ」

という条件が付加されており、なかなかに緊張しておりました。(そうは見えなかったかもですが)

 

「知らないキャラ」というのは、コスプレ撮影において「不利」以外の何者でもないと思いますが、これもコスプレ撮影をしていると頻繁にあること。

 

では、そういう時どうするのか?

そういう時こそ、カメラマンの腕の見せ所です!!

今回はそんなお話し。

 

 

【必見!】知らないキャラを撮るための3つのポイント

 

では今回の本題です。「知らないキャラを撮るためのポイント」を簡単ではありますが、まとめてみました!!

これで「知らないキャラ」の撮影も怖くないはず!!

 

1:徹底的に「ヒアリング」する。

知らないことは悪いことではない。知ろうとしないことが良くないこと。

恥じることなく、レイヤーさんに徹底的に聞くべきです。「このキャラの性格、年齢、特徴」などなど。その場でできるヒアリングは徹底するべきです。

 

2:想像力をフル回転して「イメージを共有」する。

ヒアリングをもとに「どうすればイメージに近くなるだろう?」「求めている写真はどんなのだろう?」というイメージを具体的に作っていきます。

ここは、それまでの経験が必要ですが、なるべく早い段階でイメージをレイヤーさんとすり合わせ、撮影していくと良いです。

 

3:共有したイメージをもとに「提案」をする。

共有したイメージをそのままコピーするだけではクリエイティブではありません。そこから一歩進めて「提案」できるようになると更に喜んでもらえると思います。

具体的には「こうすればもっとキャラが立つのでは?」とか「こういう撮り方なら、キャラの新たな一面を出せるのでは?」などなど。

「一歩進めたイメージを提案」することは、レイヤーさんの良さを更に引き出すことに繋がるのではないかと考えています。

 

DSC09512

以上、3つのポイントは僕が撮影時に考えていることです。

でも、実はこのテクニックは「知っているキャラ」でも通用するんですよね。。。

特に3つ目の「提案をする」というのはスゴく重要なことだと思います。

 

「提案の出来るカメラマン」

 

を目指して日々精進していきたいと思いますm(_ _)m

 

最後に、麻理さん撮影ありがとうございました!またよろしくお願いします。

The UTOPIAとは

はっせると申します。

ちょっと前まで写真を撮ってました。

最近はギターのコードを研究をしています。

アーカイブ